• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。


    コンパクトカーは
    中途半端なイメージ。
    免許持ってないけど

    1 かばほ~るφ ★ :2019/10/16(水) 23:07:19.93

    【動画】トヨタが主力小型車「ヤリス」発表 「ヴィッツ」廃止し世界で名称統一
    2019.10.16 15:02

    トヨタ自動車は16日、小型車「ヤリス」を来年2月中旬に発売すると発表した。
    国内では前モデルまで「ヴィッツ」という名称で販売してきたが、今回の全面改良で海外で使っているヤリスに統一する。
    燃費性能を向上させたほか、先進安全機能を充実。
    これまでのトヨタ車を上回る高度な駐車支援機能も搭載しており、“新世代の小型車”として拡販を目指す。
     
    ヴィッツの前モデルは平成22(2010)年12月に発売されており、約9年ぶりの全面改良となる。
    商品力の向上と開発コスト削減の両立を目指して導入した車両開発手法「TNGA」に基づく初めての
    小型車向けプラットフォーム(車台)を採用するなど、主要な構成要素を全て刷新。
    車両を従来比で50キログラム軽量化したという。
     
    燃費性能や価格などは、12月に改めて発表する予定だが、
    トヨタの吉田守孝副社長は、「燃費は間違いなく、世界トップレベルだ」と強調した。
     
    パワートレーン(駆動系)は、直列3気筒1・0リットルエンジン▽直列3気筒1・5リットル
    ▽1・5リットルエンジンなどによるハイブリッドシステム-の3種類。
    トランスミッションには無段変速機(CVT)と6速マニュアルを用意した。
    1・5リットルのエンジン車とハイブリッド車(HV)には4輪駆動も設定している。
     
    トヨタが複数の予防安全機能をパッケージ化した「トヨタ・セーフティ・センス」を標準装備。
    衝突回避や被害軽減につながる自動ブレーキに関しては、
    同社で初めて、右折時の対向直進車や、右左折後の横断歩行者も検知対象とした。

    高度駐車支援システムではハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御。
    事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用できるようにしたが、
    この機能は世界初という。
     
    トヨタの豊田章男社長は、「小さくアフォーダブル(手頃な価格)だが、所有して誇らしい。
    そんな車に近づいている」と、ヤリスをアピールした。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/191016/ecn1910160016-n1.html
    世界初公開されたトヨタの新型コンパクトカー「ヤリス」=15日午後、東京・青海のMEGAWEB ライドスタジオ

    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    トヨタが主力小型車「ヤリス」発表 「ヴィッツ」廃止し世界で名称統一

    (出典 Youtube)



    ★1がたった時間 2019/10/16(水) 20:51:45.77
    前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571226705/


    【トヨタ新型車「ヤリス」発表 ヴィッツ廃止】の続きを読む


    免許持ってないからわからないけど一旦停止あるから左じゃないの?高速みたいな合流だったら右だと思う

    【【質問】ウインカー右に出す?左に出す?】の続きを読む


    これが標準だと思ってるんだが違うの?

    【マツダ「サイドブレーキ?左ハンドルの位置のままでいいやろ、何も言われんし」】の続きを読む


    カローラって安い車だと思ってたわ

    1 ばーど ★ :2019/09/17(火) 22:17:32.11

    2019年9月17日 発売
    カローラ:193万6000円~294万8000円
    カローラ ツーリング:201万3000円~299万7500円
    カローラ スポーツ:216万9200円~282万4800円

    「カローラ アクシオ」「カローラ フィールダー」を継続販売
    全長4495mm×全幅1745mm

    トヨタ自動車は9月17日、新型セダン「カローラ」、新型ステーションワゴン「カローラ ツーリング」を発売した。価格はカローラが193万6000円~294万8000円。カローラ ツーリングが201万3000円~299万7500円。また、合わせて同じカローラシリーズのハッチバックモデル「カローラ スポーツ」の一部改良も実施した。価格は216万9200円~282万4800円。なお、それぞれ価格は消費税10%を含むもの。

    カローラは1966年11月に初代モデルが発売されて以降、半世紀以上にわたって生産が続けられているトヨタのロングセラーカー。歴代モデルではセダン以外にもステーションワゴン、ハッチバック、クーペ、ミニバンなどさまざまなボディバリエーションを派生モデルとして生み出し、世界の150以上の国や地域で販売を実施。累計販売台数は4750万台以上を数えている。

    12代目となる新型カローラは、車名を先代まで2世代にわたり使用した「カローラ アクシオ」からカローラのみに変更。同じくステーションワゴンでは車名を「カローラ フィールダー」からカローラ ツーリングに変更した。車両の土台となるプラットフォームには、2015年12月に発売された4代目「プリウス」から本格導入が開始されたトヨタの新しいクルマづくり「TNGA(Toyota New Global Architecture)」から生み出されたグローバル共通プラットフォーム「GA-C」を採用。これを受け、ボディは従来までの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに拡大している。

    なお、先代モデルのカローラ アクシオとカローラ フィールダーも装備の一部見直しなどを行ないつつ、「EX」「EX HYBRID」の2グレードを継続販売する。

    以下ソース先で

    新型「カローラ」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    新型「カローラ ツーリング」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    一部改良した「カローラ スポーツ」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    2019年9月17日 13:12
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1207577.html

    ★1が立った時間 2019/09/17(火) 14:50:34.43
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568715098/


    【トヨタ、新型カローラ発売!!】の続きを読む


    あんたの金額相当だぞ

    1 ばーど ★ :2019/09/05(木) 19:14:21.57 ID:97J4s0LI9.net

    日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)の裁判で、争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きが5日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。弁護団によると、地裁は来年3~4月に初公判を開きたいとの意向を示したという。

    ゴーン前会長は、役員報酬の未払い分を隠したとする金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)と会社法違反(特別背任)の罪で起訴されている。

    弁護団によると、地裁はこの日、金商法違反事件の初公判を先に開く考えを示したという。地裁は今年3月、初公判を9月にも開きたい意向を示していたが、前会長が4月に特別背任容疑で再逮捕され、見通しが不透明になっていた。

    また、前会長の弁護人の弘中惇一郎弁護士によると、日産の西川(さいかわ)広人社長がかさ上げされた報酬を不正に受領した疑いが浮上している問題について、前会長は「自分は金を受け取っていない。西川社長の方が悪質なのに、自分だけ逮捕されたのは極めて不公平、不平等だ」と話したという。

    弘中氏も「日産も検察も、西川社長の不正を全部見逃した。明らかな外国人差別で、ゴーン前会長を狙い撃ちにしたことを示している」と批判した。

    2019年9月5日17時56分
    https://www.asahi.com/articles/ASM954RKZM95UTIL020.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    【ゴーン「俺だけ逮捕っておかしくね??」】の続きを読む

    このページのトップヘ