• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の5chをまとめました。

    災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.tt.rim.or.jp)


    家にいるのが一番ってことか

    1 フルネルソンスープレックス(北海道) [US] :2017/01/14(土) 18:56:33.27 ID:Kg40fM+y0 BE:299336179-PLT(12500) ポイント特典


    の冬一番の寒気により近畿各地でも雪が降り交通などに影響が出ています。
    15日にかけて雪はさらに強まる見込みで、注意が必要です。

    【豊岡市民】
    「大変ですね。もう喋る気力もないくらい大変ですね」

    近畿地方も北部や山間部で大雪となっています。
    兵庫県豊岡市では午後5時の時点で、31センチの積雪が観測されています。

    雪による事故も起きています。
    午前10時ごろ、京都府京丹後市で車がシャーベット状になった路上でスリップし、対向車と衝突しました。
    運転していた自衛官の高橋武則容疑者(41)の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、警察は高橋容疑者を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

    また、14日から大学入試センター試験が始まりました。
    京都大学では雪が舞う中会場に向かう受験生の姿が見られました。

    【受験生】
    「電車止まったりしたら怖いので」
    「雪が心配なので泊まりましたね」

    近畿・徳島の会場では大きなトラブルは起きていないということです。

    雪のため交通機関にも影響が出ています。
    東海道新幹線は名古屋と新大阪の間で速度を落として運転しているため、最大で30分程の遅れが出ています。

    また、舞鶴若狭自動車道では、丹南篠山口インターチェンジから北で冬用のタイヤ規制が行われています。

    風の影響も出ています。
    関西空港と神戸空港を結ぶベイシャトルは、強風と高波により午後からの便が欠航となりました。

    こちらも風の影響でしょうか。
    奈良県橿原市四条町では午後1時半ごろ、県道沿いの高さ10メートルの木が倒れ片側2車線と歩道を塞ぎました。
    通行中の車に接触したものの、けがをした人はいないということです。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000002-kantelev-soci


    【近畿地方終了のお知らせwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.kumikomi.net)


    またくるとは思ってなかったんだろうな

    1 海江田三郎 ★ :2016/12/30(金) 19:11:07.94 ID:CAP_USER

    https://this.kiji.is/187436323098050563

     半導体大手のルネサスエレクトロニクスは30日までに、震度6弱を観測した茨城県北部の地震で、主力の那珂工場(同県ひたちなか市)の設備などに被害があったと発表した。復旧に数日間かかるため生産能力は落ちる見込み。製品供給に影響がないか確認を急ぐ。
     28日夜の地震の後、操業を停止して点検したところ、製造装置と製品の一部に被害が見つかった。点検が終了した工程から順次操業を再開する。
     那珂工場は自動車のエンジンの制御に使う「マイコン」などを生産する主力工場。東日本大震災でも被災し、自動車や電機メーカーの生産に大きな影響が出た。


    【半導体大手のルネサスエレクトロニクスの主力工場に地震被害 生産能力低下 茨城】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.ja-fc.or.jp)


    見つかってよかった

    1 ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ (中止 99e6-CQMj) :2016/12/25(日) 06:46:45.34 ID:CAP_USER9XMAS

    福島県大熊町で東日本大震災の津波に巻き込まれ、町内でただ1人、
    行方がわかっていなかった当時7歳の女の子の遺骨の一部がみつかり、
    警察のDNA鑑定で本人と確認されたことが、女の子の父親への取材で
    わかりました。

    *+*+ NHKニュース +*+*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161225/k10010819091000.html  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【東日本大震災でただ1人不明の女児、所持品と遺骨の一部が見つかる - 福島・大熊町】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 technocco.jp)


    まじめにやってればセーフでしょ

    1 シャチ ★ :2016/12/21(水) 13:01:12.04 ID:CAP_USER9

     熊本地震で被災した家屋の瓦修理に従事していた外国人が
    入管難民法違反(不法残留)容疑で摘発される事件が相次いでいる
    熊本県警は10月以降、タイ人11人、フィリピン人5人に加え、
    雇用側の日本人2人も逮捕した。同県で地震により一部損壊以上と
    判定された家屋は17万7千棟超。全国的な職人不足や人件費高騰の中、
    外国人の不法雇用が復旧、復興を支える構図になっている。

     今月2日、熊本地裁。入管難民法違反罪に問われたタイ人の男(56)と、
    知人の女(60)はともに懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

     「日本で仕事がある」。7月、タイで農業などをしながら妻子と暮らしていた被告の男は、
    近所に住む被告の女にこう誘われた。

     女には、建設業を営む日本人の元夫(66)がいた。元夫は地震後の6月、
    茨城県から熊本市へ仕事を求めて拠点を移した。
    女が子どもへの養育費の支払いを求めて電話をすると、元夫は「こっちで仕事をすればいい」と勧めたという。

    業者で修理の対応が追い付かず、組合事務所にも抗議が相次ぐ
     女に誘われたタイ人の男は借金をして9月4日、女ら4人と入国。元夫の案内で向かったのは、
    熊本県宇城市のアパートだった。
    元夫から「月給10万円」と提示され、同県内の被災地に瓦修理をしに向かう生活が始まった。

     ただし、タイ人たちの在留資格は15日間。男は10月5日、同じアパートにいたタイ人5人とともに宇城署に逮捕された。
    同月10日には、別のタイ人5人も逮捕。雇用者の元夫は同法違反(不法就労助長)容疑で逮捕された。

     県警は11月、熊本市の別業者に雇われていたフィリピン人5人を逮捕。今月2日には、
    うち1人を雇っていたとして市内の日本人業者の男(50)を逮捕した。県警によると、
    この業者も6月に茨城県から仕事を求めて来ていたという。

     熊本県瓦工業組合(熊本市、37業者)の東平和理事長(68)は「地震後の仕事量は10倍だ」と話す。
    各業者で修理の対応が追い付かず、組合事務所にも抗議が相次ぐ。全日本瓦工事業連盟(東京)は
    「スレート屋根が主流になり瓦業者が減る中で熊本地震が起きた」と説明。加盟業者は10年間で
    約4千社から約2800社に減った。人件費は高止まりし、県外の職人を雇うのを尻込みする県内業者もいるという。

     「熊本で求人を出したが、人が全く集まらなかった。タイ人は日本人より賃金も安く、仕方なくやった」。
    タイ人の女の元夫は西日本新聞の取材に、そう打ち明けた。

    西日本新聞 12/21(水) 10:22配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00010000-nishinp-soci


    【【事件】熊本地震復興特需、影に不法残留 アジア系外国人の摘発相次ぐ16人逮捕 熊本で瓦修理に従事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 expo.minnade.jp)


    メトロノームしか印象ないわ

    1 ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ (★ 990f-h93X) :2016/12/14(水) 21:25:56.20 ID:CAP_USER9

    熊本地震の前震から8カ月を迎えた14日、熊本市役所と5区役所で、
    全職員が犠牲者の冥福を祈って1分間の黙とうをささげた。大西一史市長は
    「地震からもう8カ月がたったのかという思い。あの日のことを忘れず、
    市民生活の復旧復興を進めていきたい」と改めて決意を語った。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20161215/k00/00m/040/085000c  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【災害】熊本地震8カ月、あの日を忘れず…市役所で黙とう】の続きを読む

    このページのトップヘ