• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。

    栃木


    栃木は別に免許いらんでしょ

    1 みつを ★ :2019/10/15(火) 20:39:40.61 ID:AGPK+5vx9.net

    https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/232588


    無免許などの容疑で少年逮捕 栃木署
    20:18
    2019/10/15


     栃木署は15日、無免許運転と事故不申告の疑いで小山市、建設作業員少年(16)を逮捕した。


    【無免許と事故不申告で建設作業員(16)逮捕】の続きを読む


    なんで手錠もってんだよ

    1 木星虫 ★ :2019/10/10(木) 10:34:52.59 ID:OXR6dFd99.net

    運転手に手錠かけ暴行容疑で逮捕

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20191009/1090005405.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    9日未明、真岡市の北関東自動車道で、走っていた車の前に自分の車を割り込ませて停車させ、
    窓越しにドライバーの男性におもちゃの手錠をかけるなどしたとして、
    宇都宮市の49歳の無職の男が暴行の疑いで逮捕されました。
    男は、容疑を否認しているということです。

    逮捕されたのは、宇都宮市の無職、田中章寛容疑者(49)です。
    警察によりますと、田中容疑者は、9日午前0時半ごろ、真岡市の北関東自動車道で、
    走っていた車の前に自分の車を割り込ませて停車させ、窓越しに運転していた男性に対して、
    おもちゃの手錠をかけるなどしたとして、暴行の疑いが持たれています。

    田中容疑者は、調べに対し、「前を走っていた車を不審に思ったので、追跡して捕まえてやろうと思った」
    などと供述し、容疑を否認しているということです。

    被害者の男性は、事件の前、栃木市内の一般道や真岡市の高速道路で、およそ20キロにわたって、
    田中容疑者から、幅寄せや急接近、それに前に割り込んでの急ブレーキなど、
    いわゆる「あおり運転」の被害を受けたと訴えているということです。
    警察は、あおり運転の被害についても捜査を進めています。

    10/09 17:55


    【「前走ってる車おかしい」運転手におもちゃの手錠かけた無職男(49)逮捕】の続きを読む


    結構大胆にいったな

    1 Toy Soldiers ★ :2019/10/02(水) 16:40:09.77

     今年4月、栃木県那須町の発電施設で400枚以上の太陽光パネルを盗んだとして、アフガニスタン人の親子ら男3人が逮捕されました。

     アフガニスタン国籍のアブドゥル・カデル・アブドゥル・ハディ容疑者(49)とその息子(24)、配送業の山本健司容疑者(48)ら3人は4月、
    那須町にある発電施設で太陽光パネル438枚、2050万円相当を盗んだ疑いが持たれています。
    警察によりますと、当時の報道を見た人から「埼玉県内の私有地に大量の太陽光パネルが山積みになっている」と通報があって逮捕に至りました。
    山本容疑者は「アブドゥル容疑者から太陽光パネルが欲しいと頼まれ、自分もお金をもらった」と容疑を認めていますが、アブドゥル容疑者ら親子は容疑を否認しています。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17170405/


    (出典 i.imgur.com)


    【【栃木】太陽光パネル400枚超を盗んだアフガニスタン人逮捕】の続きを読む


    遠すぎていくことはないだろうけど解決してよかったな

    1 ガーディス ★ :2019/09/23(月) 20:17:17.97

     8月14日から続いていた東北道・佐野サービスエリア(SA)のストライキ騒動が急展開を見せた。

     佐野SAのフードコート、レストラン、売店の運営を行う「ケイセイ・フーズ」を不当解雇された加藤正樹元総務部長(45)と、ストライキを続けていた従業員ら約60名が、職場復帰することが「週刊文春デジタル」の取材で分かった。一部の従業員は既に9月22日から順次、復職している。お盆真っ只中のストライキ開始から39日、前代未聞の事態は大きな節目を迎えた。

    文藝春秋

    長期化の様相から一転
    「週刊文春デジタル」では、復職決定までのストライキの動きを、従業員たちに密着しながら取材を続けていた。

     佐野SAは、ご当地ラーメンの「佐野ラーメン」が人気で全国区となり、年間利用者数は約170万人に上る。

     しかし、運営会社ケイセイ・フーズの経営危機を発端に、8月上旬に売店の店頭から商品がなくなる事態が発生。さらに、同社の岸敏夫社長が加藤氏を解雇するなど人事を巡る対立が生まれ、8月14日未明から9割にあたる従業員がストライキを敢行していた。かき入れ時のお盆期間にフードコート、レストラン、売店の営業が突如ストップする事態となっていたのだ。

     この状況に、ケイセイ・フーズは、従業員側に「あなたたちの行為はストライキとして認めていない」「(ストライキによる)損害賠償を請求する」と主張。さらには、ストに突入した従業員を余所に、関連会社の従業員や日雇いスタッフを集めて、SAの各部門に配置し、8月30日に営業を再開。ストライキは長期化の様相を呈していた。

    目を潤ませ、握手し合う従業員たち
     そんな中、復職できることが従業員に知らされたのは、9月19日のことだった。

     連日のように従業員側の会合が開かれていた佐野市内の会議室。この日の会合で、険しい表情の従業員たちを前に、組合の中心人物だった加藤氏は目を真っ赤にしてこう言ったのだ。

    「やっとここまできました……。皆さんに初めて言います。安心してください」

     1カ月を超えたストライキに、解決の突破口が見えた瞬間だった。

     加藤氏の言葉に、会議室には割れんばかりの拍手が沸き起こった。従業員の顔からは笑みがこぼれ、目を潤ませる女性、握手を交わす男性もいた。あるベテランの男性従業員は記者に対し、声を震わせながら語った。

    「まずはストライキ前と同じ状況に、一歩ずつ焦らずに戻したいという気持ちだけです」

    都内でデモも計画されていた
     ストライキ中の従業員に給与を支払うために、加藤氏は自費で準備した1500万円を組合に供託していたが、その資金が底を尽きてしまうのが9月20日あたりだった。さらに、21日からの三連休には、膠着した状況を打開しようと、東北道を管轄するNEXCO東日本本社(東京)前でのデモも計画されていた。実際に、従業員たちはデモで使う手作りのタスキやチラシ、ノボリまで用意していた。そんな追い詰められた状況に届いた朗報だった。

     ストライキ終結の経緯について、加藤氏が説明する。

    中略

    会社側が突きつけた一つの条件とは
     しかし、ケイセイ・フーズ側は、全従業員の復帰に、ある条件を提示していた。それは、加藤氏の辞職である。
    全文
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17125437/


    【佐野サービスエリアのストライキ終結】の続きを読む


    警察も借金で苦しむんだな、ドンマイ

    1 ばーど ★ :2019/09/19(木) 18:47:03.85 ID:xrRcdIjN9.net

     病死した男性の検視に駆け付けた際、その場にあった男性の腕時計(300万円相当)を盗んだとして栃木県警は19日、窃盗の疑いで、県警宇都宮中央署刑事1課巡査部長、仁平陸夫(にだいら・みちお)容疑者(35)=宇都宮市御幸本町=を逮捕した。

     仁平容疑者は「借金があった」などと容疑を認めている。

     逮捕容疑は、8月16日午前10時~午後0時40分ごろの間、同市馬場通りのマンションで病死した住人男性=当時(43)=の遺体検視のために現場を訪れた際、室内にあった男性所有の300万円相当の海外製腕時計を盗んだとしている。

     県警監察課によると、仁平容疑者は同署で遺体検視などを担当、当日は計8人で現場に向かった。仁平容疑者は犯行後、他県の古物買い取り業者に持ち込み、数百万円で売却したという。不審に思った業者が現地の県警へ「栃木県警の警察官を名乗る人物が時計の買い取りを申し込んできた」と通報して発覚した。

     仁平容疑者は平成20年10月から県警に勤務していたが、勤務態度に問題は見られなかったという。県警は仁平容疑者が受け取った数百万円の行方や、盗んだ当時の現場の状況を調べるとともに、仁平容疑者の処分を検討する。

     県警監察課の藤田裕之首席監察官は「警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾。事実関係を調査し、厳正に対処する」と話した。

    2019年9月19日 18時15分
    産経新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/17106936/


    【警察官・仁平陸夫(35)、遺体の現場にあった腕時計(300万)盗み逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ