• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。

    埼玉


    だから首になったのか

    1 :2019/10/11(金) 18:23:47.46 ID:teC3R6e50●.net BE:201615239-2BP(2000)


     袋に入れた自身の血液を元の勤務先に送りつけたとして、警視庁は、埼玉県桶川市寿2丁目、測量会社員、鈴木孝則容疑者(24)を威力業務妨害の疑いで逮捕した、と11日発表した。

     綾瀬署によると、鈴木容疑者は昨年12月~今年7月に計4回、自身の血液を塗りつけた紙や、ジップ付きポリ袋に入れた数百ミリリットルの血液を、
    以前勤めていたオーディオ機器設計会社にそれぞれ送り、社員を警戒に当たらせるなどして業務を妨害した疑いがある。

     ほかに自宅から、同社宛ての未発送の封筒の中に袋入りの約200ミリリットルの血液が入っているのが見つかったという。

     鈴木容疑者は17年4月に同社に入ったが、3カ月の試用期間後に勧奨を受けて退社していた。

     調べに対し、「どうしてこんなつらい気持ちにならないといけないんだ、と恨んでいた」と供述。「血液は注射針を静脈に刺してビーカーにためた」と説明しているという。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASMBC43L3MBCUTIL01D.html


    【会社首になったわ、せや!血送り付けたろ!鈴木孝則(24)逮捕】の続きを読む


    最後に報復して終わったか

    1 すらいむ ★ :2019/10/09(水) 22:48:30.83

    71歳の母親殺害容疑 40歳長男逮捕「介護に疲れた」 埼玉 狭山

     8日夜、埼玉県狭山市の自宅で71歳の母親の頭を金属バットで殴って殺害したとして、40歳の長男が殺人の疑いで逮捕されました。
     警察の調べに対し「介護に疲れたので殺した」と供述しているということです。

     逮捕されたのは埼玉県狭山市の自営業、中田智樹容疑者(40)で、警察によりますと、自宅で母親の照江さん(71)の頭を金属バットで殴って殺害した疑いが持たれてています。

     8日午後11時40分ごろ、照江さんが布団の上で血を流して倒れているのを中田容疑者の妻が見つけ消防に通報しましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

     中田容疑者は照江さんが倒れていた部屋で手首を刃物で切った状態で見つかり、警察が回復を待って事情を聴いたところ殺害したことを認めたということです。

     調べに対し「母親の介護に疲れたので殺した」と供述しているということで、警察は母親を殺害したあと自殺を図ったとみて詳しいいきさつを調べています。

    NHK NEWS WEB 2019年10月9日 20時43分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191009/k10012119731000.html

    ★1が立った日時 2019/10/09(水) 20:46:44.27
    前スレ http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1570621604/


    【介護疲れで母親をバッドで撲殺した長男逮捕】の続きを読む


    そのへんの警察より優秀じゃないのか

    1 記憶たどり。 ★ :2019/10/08(火) 16:58:46.43 ID:wsOnAOft9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191008/k10012117741000.html

    SNSに投稿された画像から住所が割り出されていました。アイドル活動をする女性が帰宅したところを
    襲ったとして逮捕された男は「SNSに投稿された女性の顔写真の瞳に映った景色を手がかりに住所を特定した」
    と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

    先月1日の夜、東京 江戸川区のマンションに帰宅したアイドル活動をする20代の女性に対し、
    背後からタオルで口をふさいで引き倒し、体を触るわいせつな行為をしてけがをさせたなどとして、
    さいたま市北区の佐藤響被告(26)が8日起訴されました。

    佐藤被告は女性の熱狂的なファンで、その後の調べで「SNSに投稿された女性の顔写真の瞳に映る景色を
    手がかりに住んでいる場所を特定した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

    グーグルマップのストリートビューという機能を使って、女性の瞳に映った駅の風景と特徴が似ている駅を見つけ出し、
    駅で待ち伏せをしてマンションを特定したということです。

    また、女性がSNSで配信した動画を見て、カーテンの位置や窓の光のさしかたなどから、女性の部屋の位置まで
    把握していたということです。

    刑事政策が専門でSNSのリスクにも詳しい首都大学東京の星周一郎教授は「スマホカメラの画質が非常に精細になり、
    全く想定しない形でプライバシー情報が流出する新たなリスクが出てきた。いわば“デジタルストーカー”のリスクが
    高まっていて、SNSに画像をあげる際は、位置情報がわかる写真を避けたり画質をあえて落とすなど、対策が求められる」
    と指摘しています。


    専門家「画質精細で新たなリスク」

    瞳の中に映った景色をスマートフォンのカメラで撮ると、どのように見えるのか。刑事政策が専門でSNSのリスクにも
    詳しい首都大学東京の星周一郎教授とともに、キャンパスの中で実験してみました。

    屋根の部分が特徴的な大学の建物の前で、スマートフォンのカメラで自分でみずからの姿を撮影する星教授。
    撮った画像を見せてもらうと、星教授の瞳の奥に屋根の形がくっきりと見えていました。

    星教授は「スマホカメラの性能がよくなり画質も非常に精細になっているために全く想定しない形でプライバシー情報が
    流出してしまう新たなリスクが出てきた。ネットの情報からストーカー行為に発展する、いわば“デジタルストーカー”の
    リスクが顕在化した事件だ」と指摘しています。

    そのうえで防犯上の注意点として「手がかりとなる情報さえあれば特殊な技能などなくてもインターネットの画像検索
    などの機能を組み合わせて場所を特定することもできる。SNSに画像をあげる際は、利用者はプライバシーが流出する
    リスクが常にあることをよく認識することが必要で、ソフトウエアの側も画質をあえて落とすオプションを設けるなど新たな
    対策が求められる」と話しています。


    【【才能の無駄遣い】佐藤響、アイドルのSNS写真の瞳に映る景色から住所特定してしまう】の続きを読む


    もう登場人物全員クズだな

    1 :2019/10/07(月) 21:01:54.86 ID:T9xTf8Qu0●.net BE:632443795-2BP(10000)


    女子中学生に淫行、容疑で教諭逮捕 父や友人と飲食店に来た女子中学生に声掛け…ホテルへ 父「娘いない」

     女子中学生にみだらな行為をしたとして、埼玉県の熊谷署は6日、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、深谷市岡里、県北部の県立特別支援学校臨時教諭の男(29)を逮捕した。

     逮捕容疑は6日、熊谷市内のホテルで、県内に住む女子中学生に対し、18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。「若い子が好きだった」と容疑を認めているという。

     同署によると、男は5日深夜、熊谷市内の飲食店に友人、父親と3人で訪れていた女子中学生に父親の目を盗んで声を掛け、連絡先を交換。6日未明、別の店に移動した女子中学生に連絡して熊谷駅付近に呼び出し、近くのホテルに入ったという。

     父親が「娘がいなくなった」と110番。署員が目撃情報などからホテルを突き止め、6日朝に事情を聴いていた。

    https://this.kiji.is/553709937134863457


    【娘さん、深夜に父親と友人で飯に行くも、父親のいない隙に教師といかがわしい行為をする】の続きを読む


    ゲームの縛りプレイみたいだな

    1 :2019/10/04(金) 20:59:02.09 ID:HskdVH3W0●.net BE:201615239-2BP(2000)


     関東や関西の住宅で盗みを繰り返したとして、埼玉県警は4日、窃盗などの疑いで住所不定、無職西塚俊也被告(32)ら男2人=いずれも窃盗罪などで起訴=を追送検した。

     県警によると、「大切な贈り物かもしれないので貴金属は盗まない」といったルールを決め、被害者への配慮もしていたと供述、容疑を認めている。

     追送検容疑は2015年2月~今年5月、東京、神奈川、大阪など1都2府4県で住宅など約370カ所に侵入し、計約1360万円相当の現金や物品を盗んだ疑い。

     西塚容疑者は「ガラスは割らず靴を脱ぐ」「貴金属は取らない」などのルールを決め、住宅への侵入盗を繰り返したと供述。

    https://this.kiji.is/552809150987404385


    【【美学】「オレは貴金属だけは盗まん」自分ルールで窃盗繰り返した西塚俊也(32)ら逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ