• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。

    インド


    思いのほか角だった、全然かっこよくない

    1 ごまカンパチ ★ :2019/09/19(木) 23:56:46.93

    https://article.yahoo.co.jp/detail/46dbf620d6ec8789db51d0c64b9fe459122dce68
     このほどインドから頭にユニコーンのような角を持った男性が、無事手術で除去したという話題が届いた。
    5年前から生え始めた角に、男性はこれまで病院ではなく近所の理髪店で処置していたという。
    『The Sun』『India Today』『Fox News』などが伝えている。

    印マディヤ・プラデーシュ州サガールのレーリ村に住むシャム・ラル・ヤーダヴさん(Shyam Lal Yadav、74)は2014年頃に頭をぶつけ、
    そこから角のようなものが生え始めた。

    当初、シャムさんは頭にある角のようなものが奇妙に感じたが、そのうち慣れてきてあまり気にならなくなったという。
    近所の理髪店で角を時々カットしてもらっていたそうだ。
    しかし5年も経つと、それは10センチほどに成長し、理容師の手には負えなくなったことから医師に相談した。

    シャムさんはサガール市内にある「バギョーデイ・ティルス病院(Bhagyoday Tirth Hospital)」で診察を受け、除去手術に臨むこととなった。
    シャムさんの角のようなものは“皮角”と言い、別名「悪魔の角」とも呼ばれている。
    ほとんどの場合、角のような部分は手足の爪や髪の毛を構成するケラチン(タンパク質)からできているという。

    そんなシャムさんの「悪魔の角」の除去手術は無事終わり、執刀した外科医のヴィシャル・ガジュビエー氏(Dr Vishal Gajbhiye)は次のように語っている。
    「皮角はケラチンなどでできているため殺菌された医療用のカミソリで取り除くことが可能ですが、その部分に再度生えてこないように治療する必要がありました。」
    「皮角は主に良性の病変ですが、悪性に変わることも視野に入れておかなければなりません。治療法はさまざまですが、手術のほかに放射線治療や
    化学療法などがあります。今回はシャムさんに対して、除去した箇所に皮膚移植を施しました。」

    手術後10日ほど病院で過ごしたシャムさんは現在、移植した箇所が完全に治癒しているとのことだ。
    このような皮角が生える原因は不明だが、『The Sun』では日光や放射線などにさらされたことで症状を引き起こすこともあると伝えている。

    今回のシャムさんの皮角は大変珍しいケースだったようで、医学雑誌『International Journal of Surgery』に報告されたという。

    画像

    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    【インド人「また角生えてきたから床屋いかなきゃ」】の続きを読む



    (出典 www.meiji.co.jp)


    こわっ!外出歩けなくなるわ

    1 :2019/08/27(火) 23:08:25.49 ID:b1vxvevr0●.net BE:201615239-2BP(2000)


     インドの首都ニューデリーで、父親とバイクに乗っていた4歳の少女が、ガラスでコーティングされたたこ糸で喉を切られ死亡する事故があった。地元メディアが25日、報じた。

     たこ揚げはインドで人気のあるスポーツだが、競争相手のたこ糸を切断するためにガラスや金属でコーティングされた糸が使用され、近年死亡事故が後を絶たない。

     伝統的に毎年8月15日の独立記念日前後には、インドの国旗の色に塗られたたこが揚がり、死者や負傷者の数が急増する。

     主要紙タイムズ・オブ・インディア(Times of India)によると、今回の事故は24日、この女児が父親と寺院に向かう途中に発生。たこ糸によって女児の首は半分近く切断されていたという。

     また地元メディアの報道によると、独立記念日にはエンジニアの男性(28)が市内でバイクを運転中に喉をたこ糸で切られ死亡している。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3241705


    【【インド】バイクに乗っていた4歳児、ガラスでコーティングされたタコ糸で切られて死亡】の続きを読む


    エアコンプレッサーって結構空気強いやつじゃないの??

    1 すらいむ ★ :2019/08/19(月) 12:45:02.19 ID:9Er9t4lx9.net

    【海外発!Breaking News】エアコンプレッサーで遊んでいた6歳児 友人に体内へ空気注入され死亡(印)

     エアコンプレッサーで死亡した事件や事故は日本でも報告があるが、加害者の中には「悪ふざけだった」と主張し軽はずみな行動で人を死に追いやってしまうケースがあるようだ。
     このほどインドで亡くなった6歳男児も遊び半分だったのか、一緒にいた友人によって肛門から空気を注入され死亡してしまった。
     『The Sun』『NDTV』などが伝えている。

     インドのマディヤ・プラデーシュ州インドールで先月28日、6歳のカナー・ヤダフ君(Kanha Yadav)が肛門からエアコンプレッサーの空気を友人に注入され、亡くなってしまった。
     カナー君は当時、父親であるラムチャンドラ・ヤダフさん(Ramchandra Yadav)の仕事場の工場で同じ年頃の友人2人と遊んでいた。

     一緒に遊んでいる最中に、友人がカナー君の肛門にエアコンプレッサーのノズルを当てて空気を注入したようだ。
     工場で使用されるエアコンプレッサーとあって、家庭用のものとは比較にならないほど強力だったと思われる。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    Techinsight 2019年8月19日 5時50分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16946852/


    【インド人さん、尻から空気入れ死亡】の続きを読む


    もしかして台風ってしょぼいん??

    1 みつを ★ :2019/08/13(火) 00:36:10.26 ID:FuZMhcFR9.net

    https://www.bbc.com/japanese/49315676

    インド南西部で大雨 150人超死亡、数十万人が避難
    6時間前
    2019/08/13

    インド南部と西部でモンスーンによる大雨が洪水を引き起こし、11日までに150人以上が死亡、何十万もの人々が避難を強いられる大きな被害をもたらしている。
    インド災害管理当局などによると、死者の半数近くは南西部ケララ州に集中している。同州では10日時点で40人以上の死亡が確認され、10万人以上が緊急避難所に避難している。

    南西部カルナータカ州と、金融都市ムンバイがある西部マハラシュトラ州も大雨に見舞われている。両州では数十人が死亡し、何万もの住民が避難している。

    集落が孤立状態に

    洪水や地滑りで交通が断絶され、孤立状態に陥っている地域も出ている。

    同州警察の広報官はAFP通信に、「洪水と大雨が土砂崩れを引き起こした場所が80カ所ほどあるが、そこまで行くことができない」と話した。
    雨は今後しばらく続くとみられ、軍では孤立した村に食料の空輸を試みる予定だ。

    昨年は200人超が死亡

    6~9月に南西風によってもたらされる大雨は、インドが必要な水量を確保する貴重な機会となっている。その一方で、大雨による洪水は毎年多数の死者を出し、建物破壊を引き起こしている。

    昨年はケララ州で「過去100年で最悪の洪水」により、200人以上が死亡した。
    災害管理当局は10日、国内のいくつかの地域で「大量の」または「極めて大量の」降雨、および強風が予想されると警報を発した。
    (英語記事 Death toll rises to 95 in India monsoon floods)

    インドは毎年6~9月、モンスーンによる大雨に見舞われ、そのたび甚大な被害が出ている

    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    【【モンスーン】台風の関係ないインドで大雨、150人以上死亡】の続きを読む


    犯人は身内の犯行だ、間違いない!

    1 ごまカンパチ ★ :2019/08/01(木) 03:03:31.13 ID:bfUW1mNK9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-87836453-bloom_st-bus_all
     インド最大のコーヒーチェーン店の創業者で数日前から行方不明になっていたV・G・シッダールタ氏の遺体が31日発見され、死亡が確認された。
    同氏が書いたとされる書簡には銀行や投資家、税務当局からの圧力に悩まされている様子が記されていた。

    シッダールタ氏は29日、インド南部マンガルールに近い橋の近くで運転手に散歩に行くと告げたまま自家用車に戻らず行方が分からなくなっていた。
    地元警察当局は31日午前、シッダールタ氏の遺体が確認されたと述べ、死亡に関する詳細には言及しなかった。

    シッダールタ氏が設立したコーヒー・デー・エンタープライゼズは27日付で同社取締役会に宛てられた同氏の書簡を公開した。
    それによると、銀行のほか、パートナーであるプライベート・エクイティ(PE、未公開株)投資会社のうち1社からの圧力に加え、
    税務当局からの嫌がらせがあったと書かれており、同氏は「現状に屈した」と記した。

    インドでのコンビニ事業でコーヒー・デーと合弁会社を設立したインパクトホールディングス(本社東京)は、シッダールタ氏の死亡を受け
    「コーヒー・デー・エッセンシャルズ」1号店の開店を延期すると発表した。
    当初は8月1日にベンガルールで開店する予定だった。同氏の死亡に伴う合弁会社への影響は特にないという。

    インドの業界団体によると、コーヒー・デーはインド国内で約1700店を営業している。これは米スターバックスが同国内で展開する店舗数の10倍に相当する。


    【行方不明のインド・コーヒー王シッダールタ氏、遺体で発見】の続きを読む

    このページのトップヘ