• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。

    パズドラ


    【事件】インターナル 「パズドラ」不正ソフト製作・販売で逮捕へ 神奈川県



    (出典 www.mapion.co.jp)


    昔は課金してたけど今は惰性でやってます



    1 ぷらにゃん ★ :2016/11/10(木) 15:45:42.45 ID:CAP_USER9.net

    人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」のキャラクターを強くしたりできる不正なソフトを販売するなどしてゲーム会社の業務を妨害したとして、
    警察はソフトウエア開発会社社長らの逮捕状を取るとともに会社を捜索している。

    捜索を受けているのは、横浜市にあるソフトウエア開発会社「インターナル」。
    捜査関係者によると、この会社は若者を中心に人気があるオンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」のキャラクターを強くしたりできる不正なソフトを販売して
    サポート業務などを続け、ゲーム会社の業務を妨害した疑いが持たれている。

    「ゴーストルーター」というこのソフトを使うと、ゲーム会社から課金されずに不正にキャラクターを強くでき、ゲームを有利に進められるという。
    警察は、組織犯罪処罰法違反などの疑いで社長や役員ら3人の逮捕状を取り、容疑が固まり次第逮捕する方針。

    http://www.news24.jp/articles/2016/11/10/07346130.html


    【【事件】インターナル 「パズドラ」不正ソフト製作・販売で逮捕へ 神奈川県】の続きを読む

    こんばんは、管理人のそらまめです。
    実はわたくしパズドラ結構ハマッております。
    重課金者です。
    主に水パを使って楽しんでおりますが今回チャレンジダンジョンレベル10をサラスヴァティで攻略と解説をしていきたいと思います。
    今回の特徴としてはマシンゼウスが出てくるとこですかね。はっきり言って鬼畜です笑
    ただ嬉しいことに3階で終わるので比較的に楽だとおもいます。
    では簡単に解説を。
    まずはパーティーなんですが
    image
    リーダーフレンド共にサラスヴァティです。理由は簡単に火力を出せるから(^_^)
    フレンドに青ソニ2体、オロチ、毛利元就編成です。
    まず青ソニを2体入れてる理由は最後のボスで使うから。2体入れてるのは保険です。ここはもう運できまってしまうので。
    次のオロチは潜在覚醒で遅延耐性3個付けてます。これは1階で遅延を1~3ターンしてくるため。
    最後の毛利元就は2階でマキナが光闇吸収してくるため水火陣でサクッと突破するため。
    ではダンジョン解説
    1階・・・シェロスパーダ
    先制で1~3ターンスキル遅延して根性持ち。
    いいわすれましたがソロでいく場合バッジはスキブにすると2ターン目で威嚇打てます
    まず一発くらい、オロチの威嚇打って水ドロップを溜めて攻撃して根性消し敵のHPを1にして適当に倒す。
    image
    突破する時、毛利元就のスキルが貯まっていて自分のHPが19000くらいしかある状態で突破しましょう
    2階・・・マキナ
    先制で光闇吸収してくるのでここで毛利元就を使う。
    image
    image
    2階から陣の機嫌次第なので祈りましょう
    3階・・・マシンゼウス
    ここは耐久と言うよりワンパンする形でいく。
    ここが一番迷うところで、青ソニ→でサラスヴァティでドロップ調整するか、先にサラスヴァティ使って青ソニの陣を打つか。これは人それぞれだとお思いますがわたくしは陣を打ってから青ソニですかね。サラスヴァティは絶対使いましょう、水ドロップ降りやすくなるんで7コンボ吸収の攻略が少し楽になります。
    image
    一回使いましたがクソだったんで次に期待
    image
    2回目は陣とサラスヴァティ使い水20、
    闇10でした。
    image

    で最大火力配置。これの利点は落ちコンが高確率で来るために使用しました。結果

    image
    9コンボ!
    image

    サラスヴァティ1体で2100万笑やっぱ短期決戦では強いですね。
    こんな感じでクリアしました。
    かなりの運要素がいりますが、クリアできない人がいましたら一度試してみてはいかがでしょうか。
    自分は友達いないのでマルチでチャレダンはできないのでいつもソロで頑張っています。
    どうもありがとうございました!
    image

    このページのトップヘ