• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の5chをまとめました。

    雑談

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 shop.r10s.jp)


    たまに天才っているよね

    【嘘松→嘘柱 誇張しのぶへと進化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 4.bp.blogspot.com)


    逃げ場がありませんね

    1 風吹けば名無し :2020/10/16(金) 23:29:36.87 ID:qUkG8C8i0.net

    生き延びる方法は?


    【魔女裁判「水に沈めて死んだら無罪。生き延びたら魔女だから死刑」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.automesseweb.jp)


    自分で改造したんだから仕方ないでしょ

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/10/10(土) 21:29:49.83

    「ドリンク厳禁」「1500kmでタイヤがズタボロ」「店に入れない」! 「シャコタン道」を貫くオーナーの苦労5つ (1/2ページ)

    投稿日: 2020年10月10日 投稿者: 『Auto Messe Web編集部 吉澤』 TEXT: 酒井賢次 PHOTO: WAGONIST編集部


    (出典 image.automesseweb.jp)







    苦労はあれどやっぱり「低い」のがカッコいい

     愛車をドレスアップする手段のひとつとして、純正よりも車高を下げる「ローダウン」がある。最近ではSUVや4WD系モデルの車高を上げる「アゲ系」なるカスタムも流行してはいるが、まだまだドレスアップスタイルの主流はローダウンであり、そこにはそれなりの理由が存在する。


    (出典 image.automesseweb.jp)


     それが「クルマは低い方がカッコいい」理論。速さを求めるレーシングカーはすべてが低重心で設計されていることはもちろん、自動車メーカーのCMでは少し車高を下げた状態で撮影していたりと、その理論自体にはそれなりの信憑性もある。


    (出典 image.automesseweb.jp)


     けれどもそれを極めるとなると……そう、日常生活にさまざまな支障を来たしてしまうのだ。ノーマル状態よりも不便で乗り心地も悪くなったりするけど、それでも「カッコ良さ」にこだわるのが、コアな“車高短(シャコタン)”車両のユーザーたち。オシャレのためにガマンを重ねる彼らの“苦労あるある”を紹介しよう。





    1)通れない道や入れない店は多々あり

     普段使いできる範囲でのローダウン量に留めているユーザーがほとんどだが、なかには限界ギリギリまでの低さに挑戦するツワモノも。その場合に最大の難関となるのが、コンビニやスーパーなどの駐車場出入口に存在する段差やスロープだ。


    (出典 image.automesseweb.jp)


     車体と路面とのクリアランスに対して無理に入れば前後バンパーや車体の底やを擦ってしまうし、段差が大きければ最悪の場合、車体の腹下が路面に引っかかり“カメになって”動けなくなることも…。


    (出典 image.automesseweb.jp)


     それを避けるために入れる店、通れる道を日常から探しながら移動するのが車高短乗りの習性で、結果、行ける店が限られてくるから、デートのときなどにはヒンシュクを買う。このようなことから、特に知らない土地では駐車場ひとつを探すのも大仕事になるため、行動範囲が極端に限られるようになってしまう…。



    2)キャンバー効かせ過ぎでタイヤ寿命“ゼロ”
          ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.automesseweb.jp/2020/10/10/500052

    NEXT PAGE ボディを擦るのは当たり前?

    https://www.automesseweb.jp/2020/10/10/500052/2


    【【車高の低さは知能の低さ】 シャコタン車、店に入れない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 chitaman.ciao.jp)


    祭りが有名なんです!

    1 名無しさん@おーぷん :2016/07/08(金)00:38:41 ID:fjZ

    愛知の足引っ張ってるからさっさと切り離して太平洋に流せ


    【愛知県の知多半島てさwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 jr-soccer.jp)


    あれほんとに痛いからしたくなかった

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/26(土) 14:26:50.78 ID:CAP_USER9.net

     発達中の子どもの脳に悪影響を及ぼす恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が11歳以下の選手のヘディング練習を禁止する指針を打ち出した。米国では2016年から同種の指針が運用され、今年6月には欧州サッカー連盟(UEFA)も若年層を対象に「ヘディング練習を極力減らす」との指針を発表。今後各国の動きが注目される。

     「サッカー選手は一般人に比べて認知症などの神経変性疾患で死亡するリスクが3・5倍」。FAの指針の背景には、元プロ選手7000人以上の死因を分析した英グラスゴー大の研究結果がある。また英BBCによると、02年に59歳で亡くなったイングランド選手の死因が慢性外傷性脳症だったことが14年に判明し、検視官が「重いボールを何年もヘディングし続けたことが原因」とした。

     FAの指針は11歳以下のヘディング練習を原則禁止し、「12歳以下は最大5回までの練習を月に1度」など、18歳まで年齢に応じて回数や頻度を制限。ボールの空気圧を上げすぎないことも呼びかけている。

     一方、認知症などは年齢や生活習慣が関係しているとされる。FAは「今回の研究でも(ヘディングとの)因果関係は不明」とし、「調査によると、小さな子どもの試合ではヘディングをする場面が1試合に2回ほどしかない。不必要な反復練習をなくし、量より質を重視した」と指針の意義を強調する。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2e3b32947501f703712624a90d0bfde3a370a53


    【【サッカー】ヘディングは認知症などでの死亡リスク3・5倍】の続きを読む

    このページのトップヘ