• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の5chをまとめました。

    サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    アッー!!なぜ転載したのか



    1 動物園φ ★ :2016/11/01(火) 20:07:14.04 ID:CAP_USER9

    日刊スポーツ 11/1(火) 19:55配信

    J2山形中村隼容疑者を児童ポルノ禁止法違反で逮捕

    山形GK中村隼容疑者

     J2山形は1日、所属クラブのGK中村隼(24)容疑者が未成年男子の写真を外部から入手しインターネット上に転載した疑い(児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑)で京都警察本部に逮捕されたと発表した。

     クラブは公式ホームページを通じ「青少年に夢と希望を与える選手の逮捕は誠に遺憾であり、ファン・サポーター、スポンサー、地域の皆様、関係者、Jリーグを応援して下さる全ての方々に心より深くお詫び申し上げます」とコメントした。

     処分については、現在捜査中のため、今後事実関係を確認した上で対応していくという。

     今回の不祥事を受けて、同クラブでは再発防止策を早急に検討していく方向。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-01732382-nksports-socc


    【【事件】J2モンテディオ山形中村隼容疑者を児童ポルノ禁止法違反で逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.footballchannel.jp)


    小銭感覚で払っとけよ



    1 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2016/10/07(金) 23:26:36.58 0.net

    日刊スポーツ 10月7日(金)20時40分配信

     6日にキトで行われたW杯南米予選エクアドル-チリ戦の会場から、エクアドル代表FWエンネル・バレンシア(26=エバートン)が「逃亡」した!

     実は同FWは別れた元夫人へ、1万7000ドル(170万円)の扶養料を支払っておらず、スタジアムまで警察が逮捕にやってきていたのだ。

     警察は試合前、スタジアムに到着したエクアドルのチームバスを待ち構えていた。だがチームメートがうまくかくまい、E・バレンシアはまんまとスタジアム入りすることができたという。

     同FWは試合が始まるとA・バレンシアの先制ゴールをアシストするなど活躍。だが、警察はピッチのすぐ外まで詰め掛けており、試合終了と同時に連行されるのは間違いないかにみえた。

     しかし終了10分前。E・バレンシアは呼吸が苦しいとピッチに倒れ込んだ。

     標高2850メートルのキトでの試合ということで、チーム医師に高山病だと訴え、ピッチで治療を受けた。さらには駆け付けた救急車に運ばれて、スタジアムを後にしてしまった。

     警察はまたしてもE・バレンシアを取り逃した。ロイター通信によると、その後の同FWの所在は不明になっているという。

     一部報道ではE・バレンシアの年俸は176万ポンド(約2億3700万円)だという。それだけもらっておきながら、なぜ170万円の扶養料が払えないのか。同FWの所在同様、まったくの謎だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000155-nksports-socc


    【2億円プレイヤーのエクアドル代表FWのバレンシアさん元妻への170万円の扶養料を拒否し逮捕状が出るが逃亡し行方不明に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 image.pia.jp)


    転売ヤー息してる??



    1 YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2016/10/07(金) 15:58:54.94 ID:CAP_USER9.net

    ぴあはJリーグと共同で自動顔認証入場システムを開発する。イベント会場に設置すれば、観客は歩いて専用ゲートを通り過ぎるだけで事前登録した顔写真との照合が瞬時にすみ、入場できる。スポーツイベントや音楽ライブ会場での活用を想定している。2017年以降の実用化を目指す。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08110470W6A001C1TI5000/


    【【サッカー】ぴあ、顔認証で立ち止まらず入場 Jリーグとシステム開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 blogs.fc-taka.net)


    昨日試合だったのか



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2016/10/06(木) 23:19:54.00 ID:CAP_USER9.net

    【日本代表・総評】6.5

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    開始早々から攻め込まれ、2分にはポストを叩く決定的な一撃を喰らう。
    それでも辛抱強く相手の勢いに耐えながら、清武のいくつかの個人プレーで流れを引き寄せ、25分の原口の先制ゴールに繋げた。
     
    1点リードで迎えた後半は、60分にセットプレーから痛恨の失点。その後は懸命に攻め立て、最終盤はCB吉田を前線に上げてパワープレー。
    90+5分には、その吉田の粘りから奪ったFKのチャンスから途中出場の山口がミドルを叩き込み勝ち越し。格下相手に苦しんだのは事実だが、絶対に欲しかった勝点3を手中に収めたことは評価できる。
     
    【個人採点・寸評】

    [GK]
    12 西川周作 6
    ハイボールの処理は安定。前半終了間際の至近距離からのシュートも慌てずにストップしたし、6分に原口に通したキックは正確極まりなかった。失点シーンでGKを責めるのは酷だろう。
     
    [DF]
    19 酒井宏樹 5.5
    ペナルティーエリア内での寄せが甘く、際どいシュートを打たれる場面も。攻撃参加した時は、難しいことはせず、シンプルにクロスを供給した。
     
    22 吉田麻也 6.5
    最終ラインでの冷静なボール捌きからロングボールを供給し、相手の動きを見極めたシュートブロックも見事。63分にはCKにヘッドで完璧に合わせたが、枠を捉えられなかった。終盤はパワープレーを託され、前線の粘りから決勝点につながるFKを獲得した。
     
    6 森重真人 5.5
    守備では相手のスピードに戸惑い、ビルドアップでは判断が遅れる時もあった。縦につけるパスの数を増やしたい。
     
    21 酒井高徳 5
    空中戦で弱さを露呈。同点弾も場面もアブドゥルアミールに競り負けた。球際の勝負でも取り切れず、「デュエル」で大きな課題を残す。攻撃面では積極的に高い位置に顔を出し、左サイドを活性化したが……。
     
    ※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
    ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

    >>2 以降につづく

    SOCCER DIGEST Web 10月6日(木)22時35分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-00019419-sdigestw-socc&p=1


    【【サッカー】<日本 2-1 イラク|採点&寸評>期待に応えた清武弘嗣と劇的決勝弾の山口蛍が高評価!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【サッカー】C・ロナウド所有と思われるプライベートジェット機、バルセロナ空港で着陸失敗



    (出典 prof.prepics-cdn.com)


    ロナウド危なかったな



    1 YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2016/09/30(金) 14:36:05.57 ID:CAP_USER9.net

    レアル・マドリー(スペイン)FWクリスティアーノ・ロナウドの所有と思われるプライベートジェット機が、着陸装置の問題により、バルセロナ空港の滑走路で着陸に失敗していたことが分かった。

     事故が起きたのは現地時間26日。C・ロナウドはこの日チャンピオンズリーグのドルトムント戦を戦うためドイツに滞在しており、搭乗していない。空港職員によれば、この事故による負傷者はいない。

     スペインメディアによれば、このジェット機はC・ロナウドが所有しているものだが、エアタクシー会社へ貸し出されていたという。プライベートジェット機の所有者が、使用時以外に貸出を行なうのは一般的なこと。

     メディアが公開した写真では、ジェット機のフロントランディングギアが破損していることが確認されている。空港側はこのジェット機のオーナーがC・ロナウドであるとは発表していないが、同選手が1年前にツイッターで公開していた機体と事故機のテイルナンバーが一致しているという。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000012-ism-socc


    【【サッカー】C・ロナウド所有と思われるプライベートジェット機、バルセロナ空港で着陸失敗】の続きを読む

    このページのトップヘ