• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。

    政治、経済


    でも泥棒はするんでしょ

    1 アンドロメダ ★ :2019/10/18(金) 00:27:30.02

    △もう韓国が天災に見舞われた際には日本からの救援を断るしかない

    2019年10月17日、台風19号の影響により日本各地で甚大な被害が発生する中、韓国・ソウル新聞は「韓国企業の多くが日本の被災地への支援を行わない」と報じた。
    記事によると、サムスン電子や現代自動車、LG電子など韓国の主要大企業は「日韓関係の悪化」を理由に、日本の被災地に寄付金や救護物資の送付などの支援を行わない方針を固めた。
    SKグループは義援金の送付を検討中だが、「韓国内の反発を招く可能性」を考え決めかねているという。

    また、日本国内の韓国企業も支援に関して「特別な動きを見せていない」という。
    ある大企業の日本法人関係者は「ソウル本社が沈黙している上、こちらから提案する雰囲気でもない」とし、「日韓関係が悪化して大規模な日本製品不買運動まで行われている状況で寄付金を出すのは難しい」と話したという。

    日本に進出した韓国企業の連合体である駐日韓国企業連合会の関係者も「連合会レベルで義援金を出す計画は全くない」と話したという。
    これについて、韓国のネットユーザーからは「日本を支援する余裕があるなら韓国の台風被害地域に寄付金を送るべき。その方がイメージアップになる」「日本はお金持ちだから必要ない」「自力でなんとかできる国を助ける方がおかしいのでは?」など寄付に否定的な声が多く上がっている。

    また「地震の時に寄付したけど大して感謝されなかった」「本当の理由は関係悪化ではない。東日本大震災の時に助けたけど、返ってきたのが『嫌韓』だったから」との意見も多い。
    一方で「薄情だ。次は韓国で災害が起きるかもしれないのに」「隣国を慰める余裕すらない冷たい国にはなりたくない」「歴史問題では憎いけど、それでも助けた方が気分がいい。私たちは情に厚い民族だから」との声も上がっている。

    https://www.recordchina.co.jp/b653072-s0-c30-d0058.html


    【【朗報】韓国企業、日本に支援しない】の続きを読む


    これが自業自得ってやつか

    1 アンドロメダ ★ :2019/10/18(金) 00:32:43.01

    日本への旅行ボイコットの余波で、韓国の航空会社の業績が悪化していると報じられた。
    大韓航空は来月以降、社員に対し3か月間の無給の希望休職制度を導入すると発表した。

    対象となるのは勤続2年以上の社員で、パイロットや海外駐在員らは除外されるという。
    大韓航空は「仕事と家庭の両立を支援するため」と説明しているが、韓国メディアは、日韓関係の悪化で売上比率が高かった日本路線の需要が急減したことなどによる業績悪化が背景だと指摘している。
    韓国国内の航空会社は今年の第2四半期に8社全てが赤字を記録し、第3四半期の業績も厳しいとの見方が広がっている。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17242224/


    【【ブラック企業】大韓航空、業績悪化で新しい制度を導入してしまう】の続きを読む


    4枚目の合成感がすごい

    1 ニライカナイφ ★ :2019/10/16(水) 17:55:19.11

    ◆ 金正恩氏、米国に対決姿勢 白馬で白頭山登頂も

    北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩朝鮮労働党委員長が中朝国境の白頭山のふもとにある三池淵郡の開発を視察したと報じた。
    金氏は「米国をはじめとする敵対勢力がわが人民に強いてきた苦痛はもはや苦痛ではなく、怒りに変わった」と述べ、米国への対決姿勢を強調した。

    また、金氏は北朝鮮が「革命の聖地」とする白頭山にも登頂。
    同日付の党機関紙、労働新聞は白馬に乗った金氏の写真を多数掲載した。

    いずれも具体的な日時は不明。
    金氏は三池淵の都市開発を視察し、制裁下にあっても「自力更生」により経済発展が可能であることがこの1年で証明されたとの考えを示した。

    ■写真
    白頭山で白馬に乗る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 www.sankei.com)


    https://www.sankei.com/photo/story/news/191016/sty1910160005-n1.html


    【 金正恩さん、白馬の王子様になる】の続きを読む


    なんでも言えばいいと思っていそう

    1 シャチ ★ :2019/10/15(火) 23:10:22.82

     日本赤十字社のある献血ポスターを巡り、ネット上では議論が巻き起こっている。

     問題となっているのは、漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』と日本赤十字社がコラボしたポスタービジュアル。巨乳キャラのヒロイン・宇崎花が「センパイ! まだ献血未経験なんスか? ひょっとして……注射が怖いんスか~?」というセリフで献血を呼び掛けるもの。コラボ期間中、一都六県の献血ルームで献血協力者に特製クリアファイルをプレゼントすると告知しており、漫画家のオカヤド氏もこのクリアファイルを手に入れたことを報告している。

     しかし、これに対し外国人ツイッターユーザーが「赤十字にがっかりした。過度に性的な宇崎ちゃんを使ってキャンペーンをしている」と困惑した様子でツイートすると、弁護士の太田啓子氏がこれを取り上げ、「本当に無神経だと思います」と糾弾。「なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ」とピシャリ。その後、「とりあえず、日本赤十字社のお問い合わせ に意見を送りました、、、」と問い合わせもしたことを明かした。

     このツイートに「女性の気持ちを全然考えてないですよね…」「公共的な団体が掲示する内容ではない」といった賛否の声も挙がっているものの、「若者に献血に来てほしいから、若者に人気のキャラクターを使ったポスターを作ったってだけの話」「露出もないのに、キャラクター書いただけでセクハラっていう言いがかりはどうなのよ…?」「これで若者世代が献血するならいいことじゃん」といった否定的な意見も多く寄せられていた。

     太田氏といえば、2018年、VチューバーのキズナアイがNHKの『ノーベル賞まるわかり授業』の解説として採用された際も「このイラストを使う感覚を疑う」と、キズナアイのイラストが性的に強調されたものだとし、NHKが起用することに異を唱え、議論を巻き起こしたことも。しかし、今回は台風19号の被害により日本赤十字社も救護活動を行っている中でのクレームということもあり、「それ今必要なことですか?」「人命救助してる団体に対しそのクレームは少なくともいまは無用」という呆れ声も集まっていた。

     キズナアイ問題のように、この騒動も大きくなるのだろうか――。

    記事内の引用について
    太田啓子氏公式ツイッターより https://twitter.com/katepanda2

    ソース リアルライブ
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-51397/
    画像

    (出典 news.nifty.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
    前スレ ★1 2019/10/15(火) 18:49:16.16
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571142635/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【献血PRに『宇崎ちゃん』 女性弁護士「はい環境型セクハラ」】の続きを読む


    臨機応変にできないものか

    1 ガーディス ★ :2019/10/15(火) 23:29:56.63

    首都圏を直撃した台風19号。断水が発生した神奈川県山北町で、到着した自衛隊の給水車に、県が「待った」をかけ、水が捨てられるという信じがたい事態が起きた。


     人口約1万人の山北町は県の最西端に位置する。丹沢湖があり、夏はバーベキュー客で賑わう。 12日夜、台風19号は神奈川県を直撃し、山北町で断水が起きた。町は、約20キロ離れた駒門駐屯地(静岡県御殿場市)の陸上自衛隊に「翌日(13日)、給水車を要請するかもしれない」旨連絡していた。13日朝4時に、自衛隊から「県知事から防衛相に自衛隊の派遣要請をする必要があります。町は県に依頼してほしい。自衛隊としては、給水車3台を午前6時に出発させます」と連絡があった。

     早速、町の防災課が県に依頼すると、マニュアルを盾に難色を示した。県のマニュアルによれば、自衛隊の派遣要請は、どうしようもなくなった時の最終手段だが、山北町の状況は該当しないというのだ。

     給水車3台は午前7時少し前に町に到着。県と町で押し問答が続いたが、県は最後まで首をタテに振らず、給水車3台の貴重な水は捨てられた。結局、県が別途手配した給水車は2台で、到着も13日の午後と遅れた。

     山北町の湯川裕司町長(67)が憤る。


    「前夜から断水が発生していて、“どうしようもない状況”でした。午前7時に給水車3台が来てくれて、目の前に水があるのに、なぜ捨てなければいけないのか。いろいろと手続きがあるのは承知していますが、ケース・バイ・ケースで対応できないものか。県民が困っているのですから」

     県は13日午後1時40分、自衛隊に相模原市への派遣要請を出している。どうして、わずか数時間前の山北町の給水車に、県はかたくなに抵抗したのか――。湯川町長は「県には、町が余計なことをしたと見えたのでしょう」と言う。県を差し置いて、町が自衛隊と連携したことがおもしろくなかったのか。県は、県民の安全よりも、ちっぽけなメンツを優先させたのである。

    「県の職員は威張るだけ。いざという時は他人事で何もしません」(神奈川県政担当記者)
    全文
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/263282
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571146674/


    【自衛隊「給水車3台持ってきたぞ」神奈川県「だめです、捨ててください」】の続きを読む

    このページのトップヘ