• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の2chをまとめました。

    2017年01月



    (出典 www.kurume-dementia.com)


    合意の上だったのかな撮影もその他諸々も

    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2017/01/19(木) 19:44:10.26 ID:CAP_USER9

    山口署は19日、教え子にみだらな行為をし、携帯電話で撮影したとして、
    児童福祉法違反(淫行させる行為)と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、
    福岡県新宮町の私立高校教諭高木勇容疑者(41)を逮捕した。「行為は間違いない」と供述している。

    逮捕容疑は2014年10~12月、勤務先の福岡県内の私立高校で
    授業を受け持っていた当時17歳の女子生徒が18歳未満と知りながら、
    4回にわたり県内のホテルなどでみだらな行為をし、携帯電話で動画撮影した疑い。

    山口署によると、別の事件の捜査で高木容疑者から押収した証拠を調べ、動画が見つかった。

    http://www.nikkansports.com/general/news/1767428.html


    【教え子にみだらな行為し携帯電話で撮影 高木勇(41)逮捕 福岡】の続きを読む



    (出典 www.gunyaku.or.jp)


    々←はやっぱり野々村変換だよね

    1 水星虫 ★ :2017/01/19(木) 01:35:03.66 ID:CAP_USER9

    女子中学生はねられ意識不明

    http://www.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1066042571.html?t=1484757042000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    18日夕方、前橋市の県道の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた13歳の女子中学生が
    軽乗用車にはねられ、意識不明の重体になっています。
    警察は、軽乗用車を運転していた34歳の男を過失運転傷害の疑いで
    その場で逮捕し、事故の詳しい状況を調べています。

    18日午後5時20分ごろ、前橋市東善町の県道の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた
    近くに住む中学1年生、長井莉々夢(13)さんが軽乗用車にはねられました。
    この事故で、長井さんは頭などを強く打って病院に搬送されましたが、意識不明の重体になっています。

    警察は、軽乗用車を運転していた前橋市の介護福祉士の
    34歳の男を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。
    調べに対し、
    「事故を起こし、大けがをさせたことは間違いない」
    と容疑を認めているということです。

    警察によりますと、現場は片側2車線の信号のある交差点で、警察は事故の状況を調べています。

    01月18日 20時43分


    【永井莉々夢さん(13)が横断歩道ではねられ意識不明の重体 群馬】の続きを読む



    (出典 paradoxin.net)


    どっちにしろ世にはなっちゃまずい存在だな

    1 ミッドナイトエクスプレス(北海道) [US] :2017/01/19(木) 22:40:17.68 ID:fBIAEwnt0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典


     6つの事件で、殺人などの罪に問われている元名古屋大学の女子学生(21)。19日に名古屋地裁で開かれた裁判員裁判で「まだ人を殺したいという考えが浮かぶ」と証言した。

     大きなマスクで顔を覆い初公判と同じ服を着て、出廷した元名大生。逮捕後、「人を殺してみたかった」と供述した元名大生は冒頭で、今の心境について落ち着いた様子で語り始めた。

     元名大生「人を殺さないような自分になりたい」「まだ人を殺したいという考えは浮かぶが、頻度が減った」

     去年から薬での治療を始めているという元名大生。殺人願望はまだ残っていると、19日に証言した。

     2015年1月、名古屋市昭和区のアパートの一室で、森外茂子さん(当時77)が殺害されているのが見つかった。逮捕されたのは、当時19歳だった元名大生。人の死に強い興味を持っていた。

     殺害された森さんの夫は「報復で殺されたなら納得できるが、何にもしてないはずなのに。なんでそんなことするんや」と語る。

     19日の法廷で当時の状況について元名大生は「どうやったらうまく森さんの背後に回れるか考えていた」と述べた。そして、おのを振り下ろし、背の部分で森さんを殴り続けたという。

     元名大生(Q=女弁護士)「(Q:森さんはどんな様子でしたか?)森さんは『殺すつもりなの?』と声をかけてきた。(Q:それに何と答えましたか?)『はい』と答えた。
    (Q:その後は何と言いましたか?)(森さんが)『どうして?』と聞いてきたので、『人を殺してみたかった』と答えた」

     その後、首を絞めるときには森さんはすでに意識を失っていたという。また、携帯電話で森さんを撮影したことについて問われると、元名大生は「人が死ぬところを見たくて、
    実験記録として残しておきたいと思い(森さんの)写真を撮った」「同じアングルから数枚撮影した」と語った。

     元名大生の弁護側は、これらの不可解な行動の動機について、精神発達上の障害と、別の精神疾患の影響だと指摘し、責任能力がなかったとして無罪を主張している。

     森さん殺害について淡々と、しかし衝撃的な内容を証言した元名大生。裁判官と裁判員は、責任能力についてどのような判断を下すのだろうか。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170119-00000093-nnn-soci


    【斧で殺害した名大生女子、「まだ人を殺したい」・・・弁護士の入れ知恵か完全にサイコパス状態 愛知】の続きを読む



    (出典 www.skyperfectv.co.jp)


    女の恨みは怖いな

    1 水星虫 ★ :2017/01/19(木) 03:33:22.38 ID:CAP_USER9

    元交際相手宅に放火容疑で逮捕

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003158591.html?t=1484764081000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    17日、大阪・北区の男性の自宅に火をつけたとして、元交際相手の47歳の女が放火の疑いで逮捕されました。
    警察の調べに対し容疑を否認しているということです。

    逮捕されたのは奈良県御杖村神末の無職、井垣直美容疑者(47)で、
    警察によりますと、17日午後2時ごろ、大阪・北区に住む元交際相手の
    57歳の男性の自宅に火をつけた放火の疑いが持たれています。

    この火事で木造平屋建ての住宅およそ85平方メートルのうち
    70平方メートルほどが焼けましたが、男性は外出中で無事でした。
    井垣容疑者は手にやけどを負い、警察によりますと、事件の前、親族に
    「男性の家を燃やす」と話していたということです。
    警察はいきさつなどを詳しく調べています。

    調べに対し井垣容疑者は、「放火していません」と供述し、
    容疑を否認しているということです。

    01月19日 01時17分


    【元交際相手宅に放火容疑で奈良県御杖村の無職 井垣直美(47)を逮捕 大阪】の続きを読む



    (出典 www.elavel-club.com)


    計画的な犯行だったな。女も共犯者だわ

    1 孤高の旅人 ★ :2017/01/19(木) 22:51:48.08 ID:CAP_USER9

    車に自転車でわざと衝突 現金80万円脅し取る 少年3人逮捕
    (2017年01月19日 17時33分)
    http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20170119172438

     20代の男性が運転する車に自転車でわざと衝突して因縁をつけ、現金80万円を脅し取ったとして、警察は恐喝の疑いで県東部の高校生2人を含む3人の少年を逮捕しました。

     恐喝の疑いで逮捕されたのは、いずれも県東部に住む無職の17歳の少年と、16歳と18歳の男子高校生2人の、あわせて3人です。

     入善警察署によりますと、3人は去年6月23日の深夜、富山市相生町で、県東部の20代の男性が女性2人を乗せて運転する車にわざと自転車を衝突させました。

     3人は、さらに、「酒飲んでるんですか。女の子16歳じゃないすか」などと因縁をつけ、2日後に未成年者の深夜の連れ出しと飲酒運転の口止め料の名目で現金80万円を脅し取ったということです。

     3人は容疑を認めています。

     入善警察署は、去年9月、わざと事故を起こし、示談金として18歳の男性から現金1700万円を脅し取った疑いで高校生を含む男6人を逮捕していて、今回と手口が似ていることから何らかの関連があるとみて調べています。


    【【当たり屋】わざと衝突し現金80万円脅し取る。少年3人逮捕でも運転手もクズだった件 富山】の続きを読む

    このページのトップヘ