• Twitter
  • RSS
    事件、事故、炎上系を中心の5chをまとめました。

    2016年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.s-okinawa.com)


    見つかってよかったね



    1 鉄生 ★ :2016/11/28(月) 07:24:53.78 ID:CAP_USER9

    2016年11月28日 01:44

     沖縄県那覇市でペットのヘビが逃げ、警察も行方を捜す騒ぎになっていたが、9日ぶりに無事発見された。

     行方不明になっていたのは体長約1.5メートル、体重約2キロのオスのニシキヘビの一種「ポールパイソン」。毒は持っておらず、那覇市内の美容室でペットとして飼われていたが、飼い主によると、今月17日に水槽からいなくなり、届け出を受けた警察も行方を捜すとともに、市民に注意を呼びかけていた。

     しかし25日、店の天井裏で物音がしたため、飼い主がのぞいたところ発見したという。

     飼い主の男性「ほっとしました。他人にケガをさせなかったので安心しました」

     ヘビに目立った傷はなく元気だという。

    ソースに動画あり
    http://www.news24.jp/articles/2016/11/28/07347611.html



    【【事件】ペットのヘビ、ボールパイソン逃げ…警察出動 沖縄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.eheya.net)


    内部犯いるでしょ



    1 のっぺらー ★ :2016/11/28(月) 12:50:00.18 ID:CAP_USER9

    今年8月に福岡市東区の佐賀銀行箱崎支店に盗み目的で侵入したとして、
    福岡県警が建造物侵入の疑いで男3人を逮捕していたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。
    行員しか知らない暗証番号を入力して侵入したとみられ、
    県警は、10月に別の支店から数千万円が盗まれた事件に絡み窃盗容疑で逮捕された行員の関与を調べる。

    男らは既に建造物侵入罪で起訴されている。
    いずれも無職の住所不定牟田口和彦被告(29)と長崎市の内川勝被告(38)ら。
    起訴状によると、共謀の上、8月8日午後4時40分~同5時5分ごろ、箱崎支店に職員専用の出入り口を解錠して侵入したとされる。

    以下ソース:共同通信 2016/11/28 12:27
    http://this.kiji.is/175810465635909635?c=39546741839462401



    【【事件】佐賀銀行に侵入疑い牟田口和彦(29)、内川勝(38)ら3人逮捕 行員の関与捜査、福岡県警】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.jutaku-guide.bomb.co.jp)


    よくわからんな



    1 チンしたモヤシ ★ :2016/11/28(月) 11:55:26.28 ID:CAP_USER9

    <長崎刑務所>元職員「700万円自腹」 刑務作業の営業で
    墓石製作とクレーム対応の流れ(イメージ)

    (出典 img.news.goo.ne.jp)

    毎日 20161128
    http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20161128k0000m040125000c.html

     長崎刑務所(長崎県諫早市)で墓石製作の刑務作業を指導していた元職員が在職中の2011年、「墓石の修理代など700万円以上を自己負担している」とする報告書を作成し、上司に提出していたことが、毎日新聞の入手した内部文書で分かった。民間業者に負けないよう手厚く対応して注文量を維持することで受刑者の作業量を確保するためで、刑務所側は翌年以降も同じ業務を担当させ続けた。ブラック企業の自爆営業と重なる構図で、識者は「他の刑務所も含めて調査が必要だ」と批判する。

     ◇上申後も担当変えず

     元職員は、同刑務所で受刑者に墓石作業をさせる「作業専門官」だった梅野友和さん(56)。1993年から受刑者に対する墓石製作指導や営業を1人で担当していた。

     毎日新聞が入手した当時の上司が作成した文書によると、梅野さんは、内部で「墓石の契約を取るために何の努力もしていない」と叱られたため、11年11月16日付で、「石塔製作の作業量確保のために、対応してきたことについて」と題した文書を作成した。

     文書は所長宛てで18年間にかかった経費を列挙。(1)墓の据え付け先などに出向くガソリン代や高速代など約104万円(2)民間業者ならサービスになる、墓につける水鉢や線香立てなど「墓装品」代に約260万円(3)「文字の彫りが浅い」「石塔に傷がある」など客のクレームに対応するため、民間業者に払った修理費約360万円??などが自己負担だったと記載。「(総額で)724万4000円となります」と訴えていた。

     金額は18年間の受注件数から梅野さんが試算したもの。別の文書によると、上司はその後、梅野さんを呼び出し「領収書などの資料もなく、今となってはどうすることもできない」などと話した。同席した別の上司は、客からクレームがあった場合は、報告書を作成して上司の決裁を受けるなど適切に処理するよう記載した文書を手渡したものの、12年以降も同じ仕事に従事させ続けた。

     梅野さんは取材に対し、「修理代などの予算がなくやむを得なく手出しした。その後も『受刑者の仕事を確保しなくてはいけない』『赤字を出してはいけない』と思って自己負担を続け、総額は約2000万円に膨らんだ」と主張する。

     梅野さんは「注文していた墓石と形状が違う」とする顧客からの苦情に対応するため、無断で別の石材(約33万円)を持ち出したなどとして昨年12月、懲戒免職になった。梅野さんは今年2月以降、長崎地裁に5件の訴訟を起こし、これまでに肩代わりした代金や慰謝料など計約3000万円の支払いを国などに求めている。

     当時の所長と、長崎刑務所の山崎公基総務部長は取材に対し、「係争中の事案であり答えられない」としている。【樋口岳大】

     ◇特殊な労使関係が背景

     公務員の労働問題に詳しい脇田滋・龍谷大教授(労働法)の話 事実だとすれば、ブラック企業が売り上げを上げるために社員に自己負担を強いる「自爆営業」と共通する問題だ。一般の公務員と違い刑務所職員には労働組合や職員団体を結成する権利がなく、こうした問題を相談することが難しい。閉鎖性の高い、刑務所という特殊な、風通しの悪い労使関係が背景にあり、他の刑務所も含め実態調査が必要だ。

     ◇人事院「不適切」

     梅野さんは懲戒免職処分を不服として人事院に審査請求していたが、9月30日付で退けられ処分は覆らなかった。ただ、人事院は同日付文書で「長崎刑務所では(墓石製作など)石材加工作業に関する業務を、長期間にわたり梅野さんのみに担当させ、十分な業務管理が行われず不適切」と指摘した。

     梅野さんの処分理由は、石材の無断持ち出しのほか、同刑務所が新規受注しない方針を決めた2013年7月以降、顧客に個人的に業者を紹介し石材を持ち出した、など。梅野さんはいずれも「上司の許可を得ていた」と主張したが、人事院は「無断だった」と判断した。言い分は食い違い、今後は法廷で争われる。

    つづく>>2-5



    【【事件】長崎刑務所 元職員「700万円自腹」 刑務作業の営業で 長崎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 yappari-okayama.com)


    何やってんの



    1 だるまたん ★ :2016/11/28(月) 21:38:46.88 ID:CAP_USER9

     岡山県警は28日、顧客の現金を盗んだとして、窃盗の疑いで、中国銀行(岡山市)井原支店の銀行員、池端健太郎容疑者(31)=岡山市北区今保=を逮捕した。

     逮捕容疑は昨年12月21日午後、顧客である同県井原市の中国新聞販売所の事務所で、事務机に置かれていた現金28万円を盗んだ疑い。

     県警によると、池端容疑者は「お金が必要だった」と容疑を認めている。販売所が被害届を提出し、県警が捜査していた。

    http://www.sankei.com/west/news/161128/wst1611280070-n1.html



    【【事件】顧客の事務机の現金28万円盗む 中国銀行の行員 池端健太郎(31)窃盗容疑で逮捕 岡山】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.maff.go.jp)


    重量気にしてなかった感じかな



    1 のっぺらー ★ :2016/11/28(月) 12:08:01.20 ID:CAP_USER9

    28日午前9時20分ごろ、神戸市西区伊川谷町潤和の市道交差点で、
    デイサービスの送迎車と乗用車が衝突し、送迎車が横転した。

    神戸市消防局によると、送迎車に乗車していた7人のうち、
    デイサービスの利用者とみられる67~92歳の男女5人が頭や首などを打って重軽傷。
    同乗していた男性職員(54)と乗用車を運転していた女性(50)も病院に搬送されたが、軽傷とみられる。
    兵庫県警神戸西署が詳しい事故原因を調べている。

    同署によると、送迎車はワゴンタイプで、
    認知症患者らのデイケアセンターを運営するはなふさメンタルクリニック(同区玉津町)が所有。
    現場の交差点には信号機があり、東へ向かっていた乗用車と南進中の送迎車が交差点の中央付近で出合い頭に衝突し、
    弾みで送迎車が横転したとみられる。

    現場はJR明石駅の北約2・5キロの工場や民家が点在する地域。

    写真:交差点で乗用車と衝突したデイサービスの送迎車

    (出典 www.sankei.com)


    以下ソース:産経west 2016.11.28 11:48
    http://www.sankei.com/west/news/161128/wst1611280028-n1.html



    【【事故】デイサービス送迎車が横転、高齢者ら7人が重軽傷 兵庫県神戸市】の続きを読む

    このページのトップヘ